交通事故の慰謝料はもっと増額できる

交通事故に遭って怪我を負うと加害者に対して損害賠償金を請求できる権利が発生します。この損害賠償金の金額を決定する示談交渉で加害者が任意で加入している自動車保険会社の専任スタッフの言いなりになっていると実際に遭った損害に見合わない安い金額になってしまう場合があるのです。何故ならば自動車保険会社の専任スタッフは自社の利益を優先しますので、法律で定められた最低限の金額しか提示してきません。そのため実際にあった損害に見合わない金額しか獲得出来ないことになってしまうのです。

損害賠償金の内訳の中には怪我の治療費の実費や病院に通院するための交通費など変動の余地のない費用もありますが、交通事故で負った怪我が原因で抱えることになった精神的苦痛という曖昧なものをお金に換算した慰謝料は示談交渉次第で大幅に変動する余地があります。何故ならば慰謝料の金額を決定するためには幾つかの種類の基準があるからです。例えば自動車保険会社はそれぞれ任意保険基準というものがあり公表されていませんが、自動車保険会社の利益を守るため法律で定めた最低限の金額の決め方である自賠責基準から、ほんの少しだけ増額された基準にしかなっていません。

その一方で弁護士基準という慰謝料の金額を決める基準があり、その弁護士基準はこれまで交通事故の損害賠償金の金額を決める裁判の判決を基にして決められた基準のため、交通事故で負った損害に見合った慰謝料の金額を割り出し、増額させることが出来るのです。損害賠償金を決める交渉を裁判にまで持ち込めば弁護士基準で損害賠償金の金額に増額されることになりますが、膨大な手間と時間がかかるため現実的ではありません。

もっと手軽な方法で交通事故の慰謝料を増額させるためには、裁判所が介入しない示談交渉の場で弁護士の方に代理人になってもらうという方法があります。弁護士であれば弁護士基準で割り出して増額した慰謝料を含めた損害賠償金を提示して主張し合意にまで持ち込んでくれることが期待出来るのです。
交通事故の損害賠償のわかりやすいサイトみつけました

バックアップの復元方法

スマートフォンには大量のデータが保存されています。私的なファイルとビジネスで活躍するデータが混在しているスマートフォンも多いはずです。完全にプライベートとビジネスは分けられません。家族や取引先、そして友人や親せきの方々の連絡先やEメールのメッセージなど、多種多様な情報が保存されており、それが何かしらのショックで消えてしまったら大ピンチです。

スマートフォンは物理的なショックと水没に弱いです。万が一の事故に備えて定期的にバックアップは取っておきましょう。バックアップを取っておく事で最悪の事態は免れます。スマートフォンのOSによってバックアップの方法と復元のやり方には違いがあります。

一般的なOSの場合、バックアップの取り方には二通りの方法が存在します。最初のやり方は自分のアカウントで使えるクラウドサービスに全データを預ける方法です。スマートフォンの設定によっては既にデータが預けられているかもしれません。クラウドに写真や動画、連絡先などのデータを預けておけば、スマートフォンの故障や機種変更をした後もスムーズに移行出来ます。

二つ目の方法としてはパソコンにバックアップを取る方法があります。専用ケーブルでスマートフォンとパソコンを繋げます。そしてデータのバックアップを取る作業をすれば、パソコンのHDDにバックアップファイルが作成でき、万が一の時に備えられますし、自分のHDDにデータが残るのが利点です。

そしてバックアップの復元方法にはこのような方法があります。クラウドにアップロードしていた場合は、反対にデータを設定画面などを操作してダウンロードします。データの転送には時間と通信料が掛かるため、出来ればWi-Fiなどの安定した場所が最適です。

一方でパソコンにバックアップファイルを作成した場合は、必要になった時にスマートフォンを再びケーブルでつなぎ、専用ソフトの画面を操作して前に保存したファイルよりデータの復元を行います。
iphone修理

lineでブロックされたか確認方法

lineは今や人とコミュニケーションを取るために必須のツールとなっています。一対一で話したり、グループを作ってみんなで話したりすることができるため、lineで繋がっているかどうかが関係の深さを示す一種のパラメーターとなります。ですが、こちらが意図しないうちに関係を切られてしまうことがあります。lineのブロック機能を使えば、関わり合いたくない人とのコミュニケーションを一切遮断することが可能です。では、されてしまった側としてはどのようにブロックされたか見極めればいいのでしょうか。
ブロックされたかどうかの確認方法はこの手順です。まず、一番簡単なのは相手のタイムラインやホームを確認することです。ブロックされるとタイムラインが流れなくなりますし、ホームに投稿されていたものが見られなくなってしまいます。もちろん、lineのブロック機能は相手に悟られないように配慮しているので、直接的にはブロックされたことを表示しません。そのため、「まだ投稿がありません。」と何も投稿していないかのように見せかけます。今までタイムラインやホームを見たことがない人の場合だと判別することは難しいですが、一度でも見たことがある人の場合はこの方法を使えば一発で特定できます。では、一度も見たことがない人はどうすればいいのか。そんなときは電話をかけてみてください。ブロックされている場合は呼び出し音が永遠と鳴るだけです。急に連絡がつかなくなった場合は疑ったほうがいいでしょう。もちろん、これだけだとブロックされたかどうかの判断材料にするには少ないです。そこでもう一つやってもらいたいのがプレゼント機能を使うことです。まず、アンドロイドの場合です。lineには有料スタンプをプレゼントする機能が存在します。ですが、ブロックされている場合は送れない仕組みになっています。その場合は「すでにこのスタンプを持っているためプレゼントできません。」と表示されます。ただ、この表示はされていない場合も同じ文言になるので、もう一つ工夫が必要です。全く無名の人が作ったスタンプを2~3個送りましょう。それで同じような文言が出るなら、ブロックされているといえます。iPhoneの場合は有料スタンプを送れないので、無料スタンプを送ります。その際、ただのスタンプを送るのではなく、手に入れるのに条件がある隠しスタンプを送りましょう。アンドロイドと違って確実性には欠けますが、ブロックされたかどうかの判断材料には十分になります。