iphoneのゴーストタッチ

iPhoneの画面が自分が操作しているわけでもないのに勝手に動いて勝手に通話したり、アプリを開いてしまう症状の事をゴーストタッチと言います。
原因として考えられるのは、バッテリーの膨張、画面割れ、水濡れなど本体にトラブルがある場合、さらにソフトウェアに問題がある場合、さらに保護フィルムの問題で勝手に動く場合等があります。

例えば、バッテリーの膨張の場合、傍聴したバッテリーが下からiPhoneのディスプレイを圧迫することが原因となっています。
膨張しているかどうかはディズプレイの半分が浮いているとか、うっすら白い線が見える等実際に普段と様子が違っているので判断する事は可能です。
この場合、バッテリーが原因であれば新しいiPhoneの本体と交換する事で対応します。
また画面の割れが原因となっている場合は、画面割れを修理すれば問題の解決に至ります。
本体に何らかの問題がある場合の修理方法は、店舗またはネットで依頼して修理してもらうことになります。
そうして問題の箇所が改善されれば、実際に不都合を感じていた暴走も改善され、利用しやすい状態に戻せます。

しかし実際には本体には全く問題がないにも関わらず、画面の暴走が発生してしまうことがあります。
その原因として考えられる事の一つが保護フィルムです。
ただ、この場合はフィルムをはがすだけその問題は改善されるので、修理は必要ありません。
またソフトウェアの問題の場合は、強制的に再起動をするとか、リカバリーモードの初期化を行う事で問題解決が出来る場合があります。

ただこのように本体側で操作をすると、データ紛失の可能性も出てきてしまう為、まずは必ずバックアップを取ってから作業を始めます。
そうすればもし万が一何らかのトラブルが起きてしまったとしても、中にあるデータが紛失されてしまうと言う事も無いからです。
もちろんバックアップはフィルムをはがす対応の時以外は必ず行っておく方が安全です。
また、自宅でできる対応をしても何ら変化がなく相変わらずゴーストタッチが発生している場合、さらに故障する原因模見当たらないと言う時も、店舗やネットを利用して修理を依頼します。
通常故障の箇所と言うのは結構気づくことが出来るものですが、知らない間に落下させてしまっている場合などは、見えない所に何らかの損傷が起きている可能性があるからです。
したがって、自分で対応できることでは改善されない場合は、速やかに修理を依頼すると言うのがiPhoneのゴーストタッチの改善の為には必要な事です。
iphone修理 姫路