iphoneがウイルス感染するとどうなるのか

iphoneはAndroidと比べてウィルスに感染しにくいといわれていますが、絶対という保証はどこにもありません。
Androidはアプリ公開のハードルの低さが大きな要因となって簡単にアプリを取り込んだりして危険なアプリをインストールしてしまう危険性がありますが、アプリを経由しないウイルス感染の可能性もあるため、iPhoneだからといっても決して安全とはいえません。
しかしiPhoneはPCやAndroidと同じようなウイルス対策ソフトが存在しないのでスキャンしてウイルスを検出するという手段を使うことが出来ないという欠点もあるのでその点は安心とはいえません。
iphoneやAndroidの両方にも良く見られるケースとしてはWebサイトを閲覧していたらウイルスに感染していますというメッセージが突然表示されるケースが見受けられます。
これはワンクリック詐欺と同じ手であり、実際にウイルスに感染しているわけではありません。
ですからウィルスを削除する為に指定のページをクリックしたり、アプリをインストールしたりするとそこからウィルスに感染してしまいます。
ウイルス感染の症状はこうです。勝手に広告が表示される。
Safariの初期ページなどの設定を勝手に変更される。
覚えがないのにiPhone端末情報を外部へ送信しているなど。他には任意のアプリを勝手にダウンロード・インストール・起動されてしまうなどの例が挙げられます。
明らかに以前とは比べてiPhoneの動作がおかしく、覚えのないアプリや請求が来るようになったなどの問題があったのならば明らかに他者にスマホを乗っ取られてしまっているのです。
以前にLINE乗っ取りの話題が上がった事がありました、LINEに限らず電話番号やメールアドレス、クレジットカードの番号やプリペイドカードの情報など全てが露見されてプライバシーが侵害されるという最悪の事態になってしまう場合もあるのです画面がロックされてロック解除の代金を要求されるというスマホユーザーのウィルス感染に対する恐怖を煽ったような悪質行為もあるので許せない事です。
しかも盗んだ個人情報を闇取引などによって売り飛ばすという非道なケースもあり、更に個人情報が危険に晒される事もあるので 公式Appストア以外からアプリをダウンロードしない事は不可欠です。
また最新のiOSとアプリを使用する事も大切です。しかし一番大切な対策としてはiPhoneの画面ロックを行う事ですね。