lineでブロックされたか確認方法

lineは今や人とコミュニケーションを取るために必須のツールとなっています。一対一で話したり、グループを作ってみんなで話したりすることができるため、lineで繋がっているかどうかが関係の深さを示す一種のパラメーターとなります。ですが、こちらが意図しないうちに関係を切られてしまうことがあります。lineのブロック機能を使えば、関わり合いたくない人とのコミュニケーションを一切遮断することが可能です。では、されてしまった側としてはどのようにブロックされたか見極めればいいのでしょうか。
ブロックされたかどうかの確認方法はこの手順です。まず、一番簡単なのは相手のタイムラインやホームを確認することです。ブロックされるとタイムラインが流れなくなりますし、ホームに投稿されていたものが見られなくなってしまいます。もちろん、lineのブロック機能は相手に悟られないように配慮しているので、直接的にはブロックされたことを表示しません。そのため、「まだ投稿がありません。」と何も投稿していないかのように見せかけます。今までタイムラインやホームを見たことがない人の場合だと判別することは難しいですが、一度でも見たことがある人の場合はこの方法を使えば一発で特定できます。では、一度も見たことがない人はどうすればいいのか。そんなときは電話をかけてみてください。ブロックされている場合は呼び出し音が永遠と鳴るだけです。急に連絡がつかなくなった場合は疑ったほうがいいでしょう。もちろん、これだけだとブロックされたかどうかの判断材料にするには少ないです。そこでもう一つやってもらいたいのがプレゼント機能を使うことです。まず、アンドロイドの場合です。lineには有料スタンプをプレゼントする機能が存在します。ですが、ブロックされている場合は送れない仕組みになっています。その場合は「すでにこのスタンプを持っているためプレゼントできません。」と表示されます。ただ、この表示はされていない場合も同じ文言になるので、もう一つ工夫が必要です。全く無名の人が作ったスタンプを2~3個送りましょう。それで同じような文言が出るなら、ブロックされているといえます。iPhoneの場合は有料スタンプを送れないので、無料スタンプを送ります。その際、ただのスタンプを送るのではなく、手に入れるのに条件がある隠しスタンプを送りましょう。アンドロイドと違って確実性には欠けますが、ブロックされたかどうかの判断材料には十分になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です