交通事故の慰謝料はもっと増額できる

交通事故に遭って怪我を負うと加害者に対して損害賠償金を請求できる権利が発生します。この損害賠償金の金額を決定する示談交渉で加害者が任意で加入している自動車保険会社の専任スタッフの言いなりになっていると実際に遭った損害に見合わない安い金額になってしまう場合があるのです。何故ならば自動車保険会社の専任スタッフは自社の利益を優先しますので、法律で定められた最低限の金額しか提示してきません。そのため実際にあった損害に見合わない金額しか獲得出来ないことになってしまうのです。

損害賠償金の内訳の中には怪我の治療費の実費や病院に通院するための交通費など変動の余地のない費用もありますが、交通事故で負った怪我が原因で抱えることになった精神的苦痛という曖昧なものをお金に換算した慰謝料は示談交渉次第で大幅に変動する余地があります。何故ならば慰謝料の金額を決定するためには幾つかの種類の基準があるからです。例えば自動車保険会社はそれぞれ任意保険基準というものがあり公表されていませんが、自動車保険会社の利益を守るため法律で定めた最低限の金額の決め方である自賠責基準から、ほんの少しだけ増額された基準にしかなっていません。

その一方で弁護士基準という慰謝料の金額を決める基準があり、その弁護士基準はこれまで交通事故の損害賠償金の金額を決める裁判の判決を基にして決められた基準のため、交通事故で負った損害に見合った慰謝料の金額を割り出し、増額させることが出来るのです。損害賠償金を決める交渉を裁判にまで持ち込めば弁護士基準で損害賠償金の金額に増額されることになりますが、膨大な手間と時間がかかるため現実的ではありません。

もっと手軽な方法で交通事故の慰謝料を増額させるためには、裁判所が介入しない示談交渉の場で弁護士の方に代理人になってもらうという方法があります。弁護士であれば弁護士基準で割り出して増額した慰謝料を含めた損害賠償金を提示して主張し合意にまで持ち込んでくれることが期待出来るのです。
交通事故の損害賠償のわかりやすいサイトみつけました

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です